賢い子供を作る方法 ① 勉強しろ!と口うるさく言わない

勉強しなければ賢くなりませんが、勉強しろ!勉強しろ!と口うるさく言っても、響かない事ってありますよね。それは、人から教養ばかりされる事を、子供は望んでいないからです。あまりにも強要してしまうと、勉強が嫌な事と認識してしまう事があるそうです。子供の性格やモチベーションにもよるので、100%それが間違いないとは決めつけられませんが、嫌な事を認識させてしまうのは、良くない事です。口うるさく勉強を強要させるのではなく、自然の流れから「勉強をする事は大事なのだ」という事を、植えつけてあげるようにしましょう。そのプロセスが理解できれば、勉強を確実に覚える為に抵抗が無くなります。更には、予習と復習が大事なのだという事が、徐々に植えつけられていくので、勉強に対して良い循環が巡っていくようになります。

賢い子供を作る方法 ② 例え答えを間違っても怒らない

テストの回答や勉強を見てあげている時、間違った答えを書いたり言っても絶対に怒ってはいけません。例え何度同じ間違えを出したとしても、正しい答えに優しく導いてあげるように促してあげましょう。また、何故その答えと思ったのかを聞いてみましょう。聞いて受け答えをしているうちに、間違った根柢の理由や説明をする能力が身についていきますので、答えを導き出した事以上に良い事が植えつけられます。このように対応してあげると、勉強って楽しいという認識が出来るようになります。勉強に対して前向きになれるので、進んで机に向かう事が出来るようになります。こういう流れになる事が、子供にとってとても大切な事と言えます。そして、正しい答えを導く事が出来たら、優しく沢山褒めてあげるようにしましょう。優しく笑顔で大人が対応してあげる事が、子供の意欲へと結びつける事が出来ます。

賢い子供を作る方法 ③ 本を読む習慣を付ける

どんなテスト問題でも、国語の文章の様な問いかけから始まるので、読解力が無ければ問題を解く事は出来ませんよね。読解力を植え付ける為には、本を読む習慣を付けてあげる事が大事となります。本を読む事が好きな子は、読む事に抵抗を感じない子が殆どであり、学習の基本です。読む事に抵抗が無ければ、どんな問題でもコツコツと進めるようになる事が出来ます。本は買い与えなくても、学校の図書室で借りてきたり図書館で借りてきたりなど、様々な方法があります。1人で読む事に慣れていない子には、一緒に読んであげて本を読むクセを付けてあげると、本を読むのが好きな子になりますよ。

賢い子供を作る方法 ④ DHAを摂取した子供は読解力が上がる

青魚に含まれているDHAは、子供の脳の発達に大きな影響を与えます。とある大学での研究で、小学生にDHAを摂取してもらい読解力のテストをしたところ、DHAを摂取した子供の方が摂取していない子供よりも、読解力の向上が見受けられたそうです。約2カ月DHAを摂取した所、していない子供に比べて50%も向上したそうです。発達障害の子供にも3か月DHAを摂取してもらったところ、読解力の発達が10か月程早まったそうです。どんな子供に対しても、DHAの脳の発達への影響はあると言えるでしょう。子供には、青魚を毎日のように摂取してもらうと、賢くなると言えます。しかし、子供はお肉に比べてお魚が苦手な子が多い傾向がありますので、なかなか難しい事なのかもしれません。青魚をただ焼いてあげるだけじゃ簡単に食べてくれない子供も居るので、食べやすい工夫等の調理をしてあげ、青魚は美味しいのだと覚えさせ、沢山食べさせるようにしましょう。鉄分サプリなどもオススメです。

賢い子供を作る方法 ⑤ 家庭学習の集中力を高める為には

家で勉強をする時、どのような環境で子供に勉強をさせていますか。自分の部屋で静かにさせている家庭も多いと思いますが、意外と集中力に欠けてしまうそうです。集中力が欠けやすい子供に集中力を持って勉強をしてもらう為には、他の人の目がある場所の方がふさわしいと言えます。誰かと一緒の空間でやる事で、集中力がグッと湧くそうです。家庭で行う時は、居間やダイニング等、母親の目の届く場所で行うと良いと言われています。実際、居間や隣の部屋に勉強机を置いている家庭の子は、賢く集中力が高い子が多いとも言われています。一見、物音等の誘惑が多いように思えますが、人と同じ空間で行う事で、短期集中力が生まれるそうです。自分の部屋で1人で勉強させていて効率が上がらない場合は、1度このような環境で勉強をさせてみてはどうでしょうか。